変光星観測のページ(2) 〜CCD測
光編
 このページでは、変光星を自動導入し、CCD撮影し、測光処理し、報告するまでの手順やポイントなどを紹介します。
このような一連の手順を紹介したものがなく、試行錯誤しながら習得中ですが、参考になればと思い未完成な部分もあ
りますが思い切って掲載します。少しづつ掲載しますので、当面断片的ですみません。

(1)変光星導入編
 @変光星図と比較星、チェック星の確定
  まず、観測したい変光星と比較星、チェック星を星図上で調べます。測光精度を上げる為の必要条件として比較星は
変光星よりも明るい方が良いようです。また、比較星光度も調べておく必要があります。また、比較星、チェック星とも
変光星でない星を選択し、比較星とチェック星との相対的な光度差を同時に測光することで、基準となる比較星光度の
変動を記録しておきます。
 私は主に下記2つの方法で比較星、チェック星を調べています。
 ・AAVSOのCCD観測星図:AAVSOホームページのより、V光度、BーV光度が記載されたCCD観測用変光星図をダウ
ンロードします。


 ・CA2 for Windowsというプラネタリウムフリーソフト:詳しくは永井さんのホームページにあります。このソフトから変光
星名または赤経赤緯を指定して表示します。表示範囲はCCD観測の視野角を設定しておきます。元になる星図データ
(Star Databasesで指定)をTycho-2で指定すると、Vt光度、Bt光度が表示されますので、V光度、B-V光度に変換して
用います。(詳細はhttp://homepage3.nifty.com/nga_star/vs_chart_soft-01.htmに記載されています。)変光星はνの
文字で識別されますので、この星は比較星やチェック星にしないように選定します。


  A導入ソフトと導入操作
 DSI-ProU付属のAutoStar Suiteという自動導入ソフト上に、目的の変光星(写真はGW Lib)を表示させているところ
です。目的星をクリックするとサブメニュ−が現れ、自動導入することができます。



 これもDSI-ProU付属のAutoStar Envisageという撮影ソフトの画面上に、自動導入された変光星付近の画像が現れ
ます。写野は23分×15分と狭いので、少し位置がずれる場合があり、右下のサブメニューのカーソルにて微調整を
行います。その後、露出時間などの設定を行って、撮影をスタートします。食変光星観測などの連続撮影は自動でソフ
トウェアが行ってくれますので、時々追尾状況や天候のチェックを行えばよく、手間がかかりません。撮影後の測光処
理は大変なのですが。。。



(以下、ただいま工事中)

(2)CCD撮影編(ダーク補正〜自動撮影)
 @撮影ソフトMeade Envisageの場合
 A撮影ソフトMaxDSLRの場合
 B追尾精度について

(3)測光〜報告編(測光ソフトFitsPhotoで連続測光する場合)
 @画像チェック
 Aフラット補正
 B測光処理(連続測光)


 C光度曲線


 D報告ファイル作成
 

(4)1星づつ測光処理する場合(測光ソフトステライメージで測光する場合)



戻る
戻る