変光星観測のページ(1) 〜観測室と
観測機材編
 このページでは、ベランダ観測室と観測機材について紹介します。
(1)観測機材一式紹介
 変光星測光に必要なCCD観測機材一式は下記のようになります。元々眼視観測をしていたので、CCD観測に必要と
なる機材は赤字のものを追加しました。CCDカメラは価格が安いMeade DSI-U(44万画素、自然放冷式)を使ってお
り、一般的なペルチェ冷却式のCCDカメラを買う値段以内で追加すべき機材を揃えることができました。
 ・撮影望遠鏡   Meade LX-200 30cmSC f 3000mm(ピラー脚仕様)
              ウルトラウェッジ(赤道儀仕様に必要)   9万円
 ・PC         VAIO デスクトップ(要USB2.0)
 ・CCDカメラ    Meade DSI-UPro              10万円
 ・撮影ソフト-1   Meade Autostar Envisage(DSIに付属)
 ・撮影ソフト-2   MaxDLSR (間欠撮影に使用)        3万円
 ・自動導入ソフト  Meade Autostar Suite(DSIに付属)
 ・測光ソフト     永井さんフリーソフト FitsPhoto
 ・レデューサー   Meade f/3.3(これでf 909mm)         3万円
 ・フィルター     4色BVRI(ジョンソンシステム)        4万円
                                  合計 29万円

(2)ベランダ観測室
 @木造家屋の屋根上に施工したアルミフレームのベランダに、30cmシュミットカセグレン望遠鏡を設置した露天観
測室です。普段はタイヤ保管用シートとバイク用シートを2重にかけています。アルミフレーム床は補強構造にしてもら
いましたが、まだ振動が気になるので、屋根とフレームの間に2箇所ジャッキを入れて強度アップし、その上に望遠鏡
のピラー脚を載せてあります。



 Aベランダは6畳くらいの広さがあり、その中ほどに望遠鏡を常設しています。南南東〜西〜北の方角は眺望が良
く、2001年のしし座流星群の時は西の山へ流星が流れ落ちる様子が良く見えました。東側は自宅の屋根で中天以下
は見えません。(下の写真は北西方向)



 BMeade LX200-30を赤道儀仕様にし、CCDカメラDSI-ProUを取り付けて変光星の測光観測をしています。望遠鏡
とCCDカメラは部屋のパソコンにつながっており、初期の段取りが終われば部屋から自動導入操作や撮影ができま
す。鏡筒先端には露結防止ヒーターを巻いてあり、長時間観測で補正板への露結防止をしています。



 C南方向の眺望です。真南に電柱があり、観測の障害になっています。しかし、それより以西は山並みの稜線まで見
ることができます。



 Dシュミカセの接眼部にf3.3のレデューサーを介してDSI-ProU(CCDカメラ)を取り付けています。フィルターホルダ
ーは手動スライド式なので、今のところ切り替えの度に部屋と観測室を行き来しなければなりません。その右側には電
動フォーカサーが見えています。



 E観測を開始するときは、下の写真にあるようにカゴに入ったLX-200のハンドコントローラ、DSI-Uカメラ、懐中電灯
を室内からベランダへ持って行き、望遠鏡に取り付けて立ち上げます。劣化が心配なので、、ハンドコントローラとDSI-
Uカメラは室内保管しています。望遠鏡本体はやむを得ずバイクカバーを2重にかけてベランダに設置のままです。12
年経過し光学系は特に問題ないのですが、LX-200のメインボード(電気基板)は2度交換が必要になりました。メインボ
ードの在庫が心配です。(ミードインターナショナルの人の話しでは、米国本社からの取り寄せがだんだん難しくなって
いるらしい。)



 F各種コードが接続されるメインパネルです。↓ ◆ピラーはプラ製床パネル下のアルミフレ
                              ームに、防振ゴムを介して載っています。↓



戻る
戻る